日々URALA(ウララ)

県内初! プロゲーマーが指導する新しいeスポーツ塾|ESPO LAB FUKUI

2020/03/05

福井初のeスポーツ学習塾『ESPO LABO FUKUI(エスポラボフクイ)』がオープン。専属のプロゲーマーらが指導し、育成カリキュラムが用意された施設は県内初。将来的にプロチームで活躍できる人材を発掘、育成する、全く新しい「eスポーツスクール」なのだ。

ゲーム用の高性能パソコン12台を完備

欧米では昔からeスポーツで生計を立てるプロゲーマーが一般的な職業として認知されていましたが、「eスポーツ」という言葉が浸透してきたのは最近ではないでしょうか。昨年は茨城国体、2020年にはアジア競技大会種目となり、今や単なる遊びの“ゲーム”ではなく、eスポーツが表舞台に立つ「スポーツ」の競技となっている。まだまだ国内はおろか福井でも評価されにくい世界ですが……。

また、プロゲーマーの育成のほか「勉強、野球やサッカーなどは苦手でもゲームは誰にも負けない! 」「コミュニケーションが苦手でもゲームの事なら話して楽しい」、そんな子どもたちが楽しく遊べるコミュニケーションの場としても『ESPO LABO FUKUI』を開設している。 純粋にゲームを楽しみたい、ゲーム好きと集まりたい方も利用OK。 “スポーツ”だけど“ゲーム”なんでまず楽しまなきゃね。

ESPO LAB代表を務める納庄貴大さん

そして、同施設の講師と代表を務める納庄貴大(のうしょうたかひろ)さんにもお話をお聞きしました。過去にプロeスポーツチーム「HANAGUMI」に所属(2019年2月脱退)し、現在は福井が拠点の「AtlasGaming」との代表として活動。また「福井県eスポーツ連合」の副会長も兼任し、県内各所で eスポーツのイベントを行っている。

実は納庄さんですが、小さいときからゲームはしておらず、ハナからプロを目指していたワケではない。小・中生時代はソフトボール漬けでゲームには一切触れていない。高校生のときにパソコンのゲームをプレイしたとき、初めてその面白さにハマったという。その後、自前のパソコン欲しさに自作PCも作ったくらいにのめり込んだ。

ゲームの大会に初めて出場したのは20代半ば。タイトルは戦略ゲーム『Vainglory』。そこそこ勝てたものの敗退。「とにかく負けるのが嫌でしたねぇ」と語る納庄さん。以来、悔しさから毎日最低でも10時間以上は練習を重ね、大会では出場する度、国内ベスト4以上にはランク入り。そこからプロゲーマーへの道を進む。

メガネは鯖江産のeスポーツ専用。ヘッドセットをしても耳が痛くならない優れモノ

「自分も下手ではないが、上手い方ではない。周りにはもっと上手いヤツがたくさんいた」と言う。でも、とにかく「負けること」だけは嫌いで、納庄さんは練習を重ねるウチに勝てるようになった。初めから「プロ」というとハードルが高く感じるかもしれませんが、ゲーム好きなら誰でも、練習と勝ちを重ねればその道が見えてくるかも! もちろん何事も続けるには楽しむことが大事ですよね。

だからと言って、毎日10時間以上の練習すごい……。宮崎キャンプでもしないでしょう。既にトップアスリート並み。

誰でもプレイしやすいと人気の「ロケットリーグ」

そんな長時間プレイで疲れないように『ESPO LABO FUKUI』では専用のゲーミングチェアも完備。また休憩にはビルの外を眺めるもヨシ。「レインボービル」7階にあり、新幹線を上から、夜には福井市街の夜景の望める絶景の場所なのです。

「とにかく、この場を通してeスポーツをコミュニケーションツールとして楽しんでいただければ、そして興味を持っていただければと思います」とこれからの期待を込めて言う納庄さん。ゲームに興味のある方、そしてゲーマーとしての道を考える方は、一度足を運んでみてはいかがでしょう。

ESPO LAB FUKUI(エスポラボ フクイ)
【住所】福井県福井市高柳2-1301 レインボービル7F
【時間】10:00~24:00(※3月中旬まで9:00~22:00)
【休日】月曜不定休
【料金】基本料金:1時間400円(土・日曜、祝日は1時間500円)
お支払いはキャッシュレス決済のみで対応
【お問い合わせ】0776-97-6901
【HP】 HP
【SNS】Twitter

リンク元:https://urala.today/65288/

日々URALA 様 御了解済4/21